コンテンツへ移動

ヒュー・ジャックマン演じる XーMEN&レ・ミゼラブル&グレイテスト・ショーマン

私が初めてヒュー・ジャックマン知ったのは、Xーメンシリーズでした。

1968年10月12日(51歳)

Hugh Michael Jackmanはオーストラリア出身の俳優、映画プロデューサー。


ヒュー・ジャックマンとXーメン

『XーMEN』は2000年7月14日公開アメリカ映画。

マーベル・コミックのアメリカン・コミック『XーMEN』の実写映画第1作目。

監督はブライアン・シンガー。

週末興行成績で初登場1位になりました。

日本では同年10月7日に日本劇場系列他で公開され初登場で1位となりました。

ストリー

人間が急激な進化の過程に入った近未来。

突然変異の超能力者であるミュータントたちは強い差別という理不尽な理由で、周囲から迫害を受けていました。

不死のミュタントのウルバリン(ヒュー・ジャックマン)は失った記憶を求めて世界を彷徨っていました。

ある日、触れた者の力を奪う能力を持った少女ローグ(アンナ・パキン)と出会い、彼女と行動を共にすることになります。

その後ミュータントに襲われスコット・サマーズ(ジェームズ・マースデン)とオロロ・マンローストーム(ハル・ベリー)によって救われ、チャールズ・プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)によって創設された恵まれし子らの学園で治療を受けることになります。

その学園はX-MENにより守られているミュータントのための施設でした。

失われた記憶を取り戻すためにウルバァリンは学園に留まることとなります。


XーMENを始めて観たときの斬新なストーリ展開は、大変興味深く夢中になり観ていました。



上の動画サイトは、YouTubeから続きをご覧いただけます。

バック音楽もとてもマッチしていて良い。

映画と音楽が合わないとそれだけで気持ち悪くなります。

映画に欠かせない、効果音と、音楽は欠かせない要素だと私は思っています。


X-MEN2は2003年のアメリカ映画

2003年5月2日公開。

日本では同年5月3日に公開。

本作はXーMENを超えるヒットとなりました。

共存か滅亡か、人気シリーズ2作目

人間とミュータントが共存できる社会を目指すのか、それともどちらかを滅亡させるのか、というスリリングな展開が見どころです。

ミュータントが大統領暗殺未遂事件を起こす


X-MENがマグニートーの人類抹殺計画を止めることに成功したものの、依然として社会のミュータントへの風当たりは強いまま。

そんな中、ミュータントによる大統領暗殺未遂事件が起きてしまいます。

事件を知ったプロフェッサーXは、セレブロという装置を使って能力を増幅させ、犯人の居場所を特定。

ジーンとストームを捜索に向かわせます。

恵まれし子らの学園の生徒たちが政府に捕らえられる


アメリカ政府のミュータント対策本部顧問ウィリアム・ストライカーは、ミュータントは摘発計画を提案。

特別な牢屋に入れられていたマグニートーに面会に来たプロフェッサーXとサイクロップスを拉致します。

その夜、ストライカーが送り込んだ舞台が学園を襲撃。

何人かの生徒が捕らえられてしまいます。

マグニートーは部下のミスティークの協力で、監獄から脱出することに成功。

ストライカーの真の目的


ストライカーが学園を襲撃したのは、セレブロが第2のセレブロ作るために必要なものを奪うため。

彼らを救ったのはマグニート。

セレブロの在処をストライカーに教えてしまった彼は、ウルバァリンらと協力してプロフェッサーを救いに行きます。

マグニートの裏切りと仲間の死



ストライカーの基地に潜入したウルバァリンたちは、ミスティークの能力を使った作戦を決行します。

ウルバァリンはストライカーの部下デスストライクを倒し、ヘリで逃げようとしていたストライカーに自分の過去について詰め寄りました。

プロセェッサーはジェイソンの見せる幻覚によって、世界中のミュータント殉滅させられそうになっていました。

そこにマグニートたちが現れ、プロフェッサーにミュータント以外の人間を根絶させるよう、ジェイソンを使って命令を変えます。



しかし、ストームとナイトクローラーが第2のセレブロの中にテレポートし、ストームの能力でジェイソンを阻止。

その後プロフェッサーXはストライカーの陰謀を大統領に報告し、ミュータントと人間が共存できる社会の実現を願っていると伝えます。



続きはYouTubeからご覧いただけます。


他のX-MENシリーズ

2009年 ウルバァリン:X-MEN ZERO
2013年 ウルバァリン:SAMURAI
2014年 XーMEN:フューチャ&パスト
2016年 デッドプール
2016年 X-MEN:アポカリプス

2017年 LOGAN/ローガン これがヒュー・ジャックマンが出演する最後の作品となりました。
2018年 デットプール2
2019年 X-MEN:ダーク・フェニックス
2020年 ニュー・ミュータンツ(原作)
ページ: 1 2 3

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。