コンテンツへ移動

B. B. King & Eric Claptonの夢の共演 Riding With The King


ライディング・ウィズ・ザ・キング


ライディング・ウィズ・ザ・キング(Riding with the King)は、2000年に発表されたエリック・クラプトンとB.B.キングが競演したアルバム。

クラプトンの所属レーベルであるリプリーズ・レコードから発売された。

当時のクラプトンのレギュラー・バンドや、ジミー・ヴォーン(スティーヴィー・レイ・ヴォーンの実兄)が2人をサポート。

B.B.キングのヒット曲や、サム&デイヴの歌で有名な「ホールド・オン・アイム・カミング」等を取り上げている。

2001年、グラミー賞のベスト・トラディショナル・ブルース・アルバム部門を受賞。B.B.キングは前年にも『ブルース・オン・ザ・バイユー』で同部門を受賞しており、2年連続の受賞となった。

収録曲は12曲

その中でも、ライディング・ウィズ・ザ・キングが特に気にいっている。


2000年にリーリーすされたエリッククラプトンとBBキングのブルースアルバム

これは彼らの最初のコラボレーティブアルバムで、2000年グラミー賞のベストトラディショナルブルースアルバム賞を受賞しました。

アルバムは上のナンバーワンに達しビルボードのトップ・ブルースアルバムと設定された2✖︎マルチプラチナを米国に。

王様とのライディングは、2000年に高解像度のDVDオーディオと5.1サウンドサウンドミックスでリーリースされました。

アルバムは概してレビュアーに好評でしたが、CDのサウンドはブルースアルバムには洗練されすぎてると感じた人もいました。

バックグランド

王と一緒に乗ることは、エリック・クラプトンとBBキングによる最初のコラボレーションアルバムでした。

クラプトンが22歳でクリームのメンバーだった1967年に、ニューヨークのカフェオーゴーゴーで初めて一緒に演奏しましたが、キングがクラプトンと曲でコラボレーションした1997年まで一緒に録音していませんでした。

ロック・ミー・ベイビーのデュエット・アルバム、デュース・ワイルド。

クラプトンはキングを尊敬し、常に彼と一緒にアルバムを作りたかった。

キング氏このプレジェクトについて頻繁に話し合ったと述べ、『私はその男を賞賛します。彼はギタリストとしてロックンロールで1位、偉大な人物として1位だと思います』

ライディングザキングを記録した時、クラプトンは55歳、キング74歳でした。

クラプトンはライディングザキングのレコーディングセッションを開始し、定期的なセッションミュージシャンの何人かをアルバムに含めました。

彼はまた、曲を選択し、以前にクラプトンのアルバムのいくつかに携わっていたSimon Climieとアルバムを共同制作しました。

これはキングで録音されたクラプトンアルバムのように見えますが、クラプトンはキングにセンターステージを提供し、キングとソロで多くの曲を主導しました。

Muddy Waters – Wikipediaから引用


アルバムの構成

1.Riding With The King

2.Ten Long Years

3.Key To The Highway

4.Marry You

5.Three o’Clock Blues

6.Help The Poor

7.I Wanna Be

8.Worried Life Blues

9.Days Of Old

10.When My Heart Beats Like A Hammer

11.Hold On! I’m Comin’

12.Come Rain Or Come Shine

の12曲が収められています。

私の大切な宝物です。

このアルバムが出た時には即買いしました。笑

B.B.King


B.B. King, Jeff Beck, Eric Clapton, Albert Collins & Buddy Guy in Apollo Theater 1993

B.B.king1925年ー2015年5月14日。

アメリカ合衆国のブルースギタリスト、歌手、作曲家。

1950年代から晩年まで活躍したブルース界の巨人。

キングは幼少期に教会でゴスペルを歌っていた経験があることから、ゴスペルシンガーのような強い歌声をで歌う。



ページ: 1 2

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。