コンテンツへ移動

007ダニエル・クレイグ版ジエームズ・ボンド2020年11月20日公開


007ノー・タイム・トゥ・ダイ

2020年11月12日公開

監督

キャリー・ジョージ・フクナガ監督は、1977生まれ。(43歳)

アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、作家、撮影技師。

日系アメリカ人。

ダニエル・クレイグ版ジエームズ・ボンド

『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年公開予定のイギリス・アメリカ合衆国のスパイ・アクション映画。

『007シリーズ』第25作。

007映画シリーズ初のユニバーサル・ピクチャーズ配給映画。

現役を退いたジェームス・ボンドは、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。

そんなある日、彼の元旧友であるCIAエージェントのフェリックス・ライターがやって来て、誘拐された科学者を救い出してほしいと依頼する。

現役復帰したボンドは、危険な最新技術を操る正体不明の敵との想像を超えた危険なものとなり、やがて凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うことになる。


『ボヘミアン・ラプソディ』2018年公開映画で、アカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックスが最凶の悪役として抜擢され、さらにレア・セドゥ、ラーシャー・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レーフ・ファインズなど豪華キャストが出演します。

シリーズお馴染みのビックアーティストの主題歌には、本年度のグラミー賞にて最年少18歳で主要都市4部門受賞、5冠の快挙を達成したビリー・アイリッシュを起用、楽曲も発表され、さらなる話題を呼ぶ。

シリーズ1作目の『007/ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住した美しいジャマイカを始め世界各国での壮大なロケ撮影やダニエル版、ジーェムズ・ボンドに欠かせない身体を張った大迫力のアクションも見逃せない。

ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンド役

今年4月に全世界公開予定でしたが、MGM、ユニバーサルならびに本作のプロデユーサーであるマイケル・Gウィルソンとバーバラ・ブロッコリにより全世界の映画興行における状況を検証した結果全世界公開が延期されました。

コロナ渦で大打撃を被った全世界の映画及びエンターテイメント業界において、本作は劇場に帰ってくる大型フランチャイズ作品の最初の作品となります。

ジェームズ・ボンドとしての姿は本作が最後となります。

公開延期から約半年。

遂に本格的に再始動するプロモーションの第一弾として、オンラインポスターが、全世界に一斉解禁となる。

この後、どのような展開が続くのか期待が膨らむ。

ビリー・アィリッシュ(主題歌担当)


ビリー・アィリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネルはアメリカ合衆国の女性シンガーソングライター、モデル。

2001年生まれの18歳。

最年少で主要4部門のノミネートを果たし、史上最年少で主要4部門を受賞。

主要4部門同時受賞は1981年クリストファー・クロス以来のの39年ぶり史上2人目の快挙。

アイリッシュは顔面痙攣を引き起こすトゥレット障害の他にも、夜鷹症抑うつ共感覚聴覚情報処理障害など様々な精神障害の発症を明らかにしている。

どんな主題歌が聴かれるのかとても楽しみだ。



Billie Eilish – bad guy

ボンドのピンチを救いサポートするのはパロマ(アナ)というライターの美しい友人だった。

任務の途中ボンドはノーミ(ラシャーナ)という00のコードネームを持つ女性エージェントと出会う。

ボンドはかつての恋人マドレーヌ(レア)と再会することに。

だがボンドが前任務で捕らえられたスペクターの宿敵ブロフッェルド(ヴアァルツ)は『マドレーヌには秘密がある。それを知れば君は死ぬ』とボンドに不気味な予告をする。


クレイグの脅異の回復力

本作の撮影中にダニエル・グレイグが大怪我をしたというニューースが伝わってきました。

昨年5月にジャマイカでの撮影中、桟橋を渡る際に脚を滑らせ腱を断裂してしまった。

全治10週間と医者に言われたものの、なんと2週間で現場復帰。

プロ根性が半端ないグレイグでした。



ダニエル・クレイグ

生い立ち

本名:ダニエル・ロートン・クレイグ

1968年3月2日(52歳)

イングランド・チェシャー州チェスターで生まれる。

父親のティモシー・ロウトン・クレイグは複数のパブのオーナーで、かつてはイギリス商船隊(マーチャント・ネイビー)で幹部候補生として勤務していた。

母親のオリヴィア(旧姓ウィリアムズ)は美術教師である。

1972年彼が4歳の時に母と、姉と共にリヴァプールへ移る。

以降12年間をリヴァプールで過ごす。

16歳の時、ナショナルユースシアターを受験しロンドンへ移る。


キャリア

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』のアガメムノン役で舞台デビュー。

1991年にギルドホール音楽演劇学校を卒業した。

1992年に『パワー・オブ・ワン』で映画デビュー。

1998年、『愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像』のジョージ・ダイアー役で、デレク・ジャコビと共にエディンバラ国際映画祭最優秀演技賞を受賞。

その後、『トゥームレイダー』や『ロード・トゥ・パーディション』などのアメリカ映画にも出演するようになる。

2004年公開の『Jの悲劇』でロンドン映画批評家協会賞英国男優賞を受賞。

2012年『007 スカイフォール』で主演男優賞(アクション部門)を受賞されています。

6代目ジェームズ・ボンド

2005年、5代ピアース・ブロスナンの引退を受けて、第6代目ジェームズ・ボンド役への抜擢が発表された。

007シリーズ初の、金髪のボンドとなる。

それまでのボンドのイメージと大きく異なることもあって、欧米では発表直後にアンチサイトが出来るなど、バッシングが大きかった。

これについて本人は、撮影後『批判は子供の罵りのような言葉だったけど(耳が大きすぎる、金髪はありえないなど)、実際に言われると傷ついたよ。でも、そういう人たちを納得させるための唯一の方法は、この役を上手くやりこなすことだった。僕自身ほどそれを感じていた人はいない』と語った。

この事は、公開前かなりの非難があったことを一般に知られるほどでした。

ジェームズ・ボンドの初代ショーン・コネリーの印象が余りにも強い印象だったから。

今でも、ジェームス・ボンドと言えば、私の年代の方はショーン・コネリーの顔が思い浮かぶと思う。

ショーン・コネリー




ショーン・コネリーの『007は二度死ぬ』では、初の日本人ボンドガールに浜美枝さんが選ばれたことでその当時大きな話題となっていました。

この頃はまだ、ハリウッド映画に日本人が出ることはとても少なかったと記憶しています。

容姿とも抜群の浜美枝さんですが、日本の007ファンならこの事に驚愕と、期待感が半端無かった事を思い出します。

公開される日を心待ちにしていた人は多かったと思います。

ダニエル・クレイグ自ら、『007を演じるのは今回が最後』と明言

ダニエル・クレイグ氏は語っています。

ジエームズ・ボンド役を演じるのはとても大変な仕事。その点は常に変わっていませんが、『007』作品はとても大掛かりな共同作業(の結果)とも言えるのです。

私がこれまで経験してきた中で、今回は最も優れた最も素晴らしい経験でした。

皆さん全員がとても素晴らしい働きをしてくれました。

私はこの映画の製作に関わった皆さんのことを、一人残らず誇らしく思います。

と挨拶をしていたとのことです。

クレイグは今回の発表の一ヶ月ほど前に、ボンド俳優としての活動期間が14年となり、最も長くボンド役を務めた俳優となります。



Casino Royale Official Trailer (2006) James Bond Movie HD

確かに体力勝負の映画でしたね。

『007ノー・タイム・トゥ・ダイ』は大スクリーンの映画館で観たいです。

最後まで読んでくださりありがとうございます。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。