コンテンツへ移動

2021年3月26日(金)第32回 JAUS Zoom ワークショップ サンゴ礁に暮らすナミハタのはなしを開催します

JAUS ワークショップの内容

次回ワークショップのおしらせです。

下記からお申込みください。

https://jaus.jp/?page_id=3259


3月26日(金)19:30~ 第32回JAUS Zoomワークショップ開催のご案内です。


今回は「サンゴ礁に暮らすナミハタのはなし(海洋保護区で魚を守る)」がテーマです。


スピーカーの名波敦さんは、国立研究開発法人水産研究教育機構の主任研究員で、
現在は石垣島でサンゴ礁の魚類を中心に、沿岸の海洋生物の生態を研究されています。


ナミハタはサンゴ礁にすむハタ科の魚で、産卵集群をつくることが知られています。


産卵集群をつくる魚は漁獲しやすく、数が年々減少することが世界中のサンゴ礁で懸念されています。


リサーチダイビングのスペシャリストである名波さんは、2011年にはナミハタの産卵行動を
世界で初めて記録することに成功しています。


その他にもナミハタの研究では、1500匹以上に標識を付けて移動距離を調べたり、
魚の体内に小型超音波発信機を取り付けリアルタイムで魚の行動を追跡する方法(バイオテレメトリー)を用いたりして、産卵集群を漁獲する影響を明らかにしようとしています。


今回のワークショップに向けて名波さんからは「ガチガチの学会発表のようなものにせず、
写真や映像を主にして、リサーチダイビングの話や、海人とのかかわりを中心に話題提供をしたいと思います」とコメントを頂いています。


研究の舞台はダイバー憧れの地である石西礁湖です。

ぜひ、ご視聴ください。

日付&詳細

【日 時】
2021年3月26日(金)19:30~20:30


※終了後にZoom懇親会を予定しています。

会場の詳細


【会 場】
Zoomによるオンライン 
【テーマ】
「サンゴ礁に暮らすナミハタのはなし(海洋保護区で魚を守る)」
【スピーカー】

名波 敦(理学博士)
国立研究開発法人水産研究教育機構水産技術研究所環境・応用部門主任研究員・長崎大学連携大学院准教授

申し込み方法


【申込方法】
下記URLよりお申込みください。
https://jaus.jp/?page_id=3259
申し込み後に、ZoomミーティングIDなど参加方法をメールでお知らせします。
準備の都合により、3月24日までにお申し込みください。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 特定非営利活動法人日本水中科学協会(JAUS) 事務局
 〒135-0046 東京都江東区牡丹3-9-1 第1グリーンハイツ301
 e-mail:office@jaus.jp
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。