実写映画『キングダム』のあらすじ&キャストをご紹介。

原作コミックとの比較や評価なども合わせてチェック。

成蟜(せいきょう):本郷奏多

 

 

嬴政の弟で、今回王座を奪おうとクーデターを起こす。

平民の母親から生まれた政が王座に付くことを許さないでいる。

平民を馬鹿にし、平気で血を流させる非道な男。政と信は、自分勝手な成を倒すため王都を目指す。

そんな成を演じるのは本郷奏多。

仲間や平民を平気で殺し嘲笑うなどの嫌味で極悪な王弟役を熱演。

その存在感と見た目は原作そのもの。

臆病者でひ弱なところも忠実に再現されている。

壁(へき):満島真之介

 

 

政の筆頭家臣である昌文君の副官。

真面目で頼りになる、心優しい性格であり、漂を失ってしまった信のことも気に掛ける。

漂や信と共に王都奪還を目指す。

そんな壁を演じるのは満島真之介。

人の良さそうな外見と優しい印象が壁と類似している。

劇中でも、信を気遣う姿や政を守る姿勢に優しさが表れており、まさに壁らしく再現されている。

王騎(おうき):大沢たかお

 

 

秦の怪鳥という異名を持ち、かつて全土に名を轟かせた大将軍。

伝説的な英雄だが、掴みどころがないミステリアスな雰囲気を持つ王騎。

強そうな逞しい見た目とは裏腹に、独特な話し方をするのも特徴の一つ。

そんな王騎を演じたのは、大沢たかお。人気キャラクターでもあり、独特な雰囲気を持つ王騎は、非常に演じ難いキャラクターであるのに対し、原作に非常に忠実に作り込まれている。

その他、登場人物

 

 

騰(とう):要潤

昌文君(しょうぶんくん):高嶋政宏

バジオウ:阿部進之介

朱凶(しゅきょう):深水元基

ムタ:橋本じゅん

左慈(さじ):坂口拓(TAK∴)

肆氏(しし):加藤雅也

竭氏(けつし):石橋蓮司

魏興(ぎこう);宇梶剛士

 

 

 

 

続編の公開予定は?

 

 

また、原作漫画は全57巻まで展開されていることから、「早く続きが観たい!」という声も多く集まっています。

続編は製作されるかどうか、気になる方も多いのでは?

そんなファン待望の続編の製作が決定しました!

前作に引き続き、佐藤信介が監督を務め、キャスト陣も再集結が予定されています。