コンテンツへ移動

米・デスバレーで気温54.4度観測  89年ぶりの暑さ

地球温暖化が私たちに与える影響は?

現在、急速な勢いで進んでいる『地球温暖化』ですが、実際に私たちに与える影響にどのようなものがあるのでしょうか。

今項目では、地球温暖化で生活に与える影響について解説します。

水問題

地球温暖化で進むことで起こる問題として、『水の問題』が挙げられます。

地球温暖化が進むと地球の気候が変動するとされており、例えば、雨の降水量が減少して干ばつが起きたり、逆に雨の頻度が増えるなど、洪水量が増加するリスクが上がり、水資源が不安定になる地域が出てきます。

また、地球温暖化によって海水が膨張し、海面の上昇が起こります。

この海水は北極海などの氷以外にも、グリーンランドの氷床は消滅、その場合海面水位は7mも上昇すると予測されており、海抜ゼロメートルちたいの危険性も高まっています。

生態系への問題


地球温暖化による気温の上昇は、様々な生物にも影響を及ぼします。

IPCCの報告書によると、地球温暖化によって多数の生物が絶滅する恐れがあると報告しています。

地球上の35億年の生物の歴史の中で5回大絶滅が起きたとされており、6回目は私たち人間によって絶滅が起きると危惧されています。

これまでの絶滅は自然現象によるもので、数百万年変えて徐々に絶滅しており、その絶滅速度は1年あたり10〜100種であったと計算されています。

しかし、現代の絶滅速度は1年間に約40.000種の生物が絶滅しているという推定値です。

現代の絶滅速度では新しい生物へと進化する時間もなく、生物多様性の崩壊が進むと懸念されています。

また、二酸化炭素濃度の上昇により海洋酸性化も起こっています。

これは生物や殻や骨格になる炭酸カルシウム生成を妨害するため、海洋生物に影響を及びぼします。

他にも、海水温の上昇によりサンゴの白化も問題になっています。

サンゴの棲息に適する水温は25°Cから28°Cとされており、水温が30°Cを超えた状態が長期間続くと白化が起こります。

白化する原因は海水温の上昇だけではなく淡水や土砂の流出などの環境ストレスによるものもあり、白化が長時間続くと死滅してしまいます。

農業の問題

地球温暖化は、私たちにとって不可欠な農業にも大きな打撃を及ぼします。

気温が上昇することで収穫量が増加する地域と減少する地域が出てくることが予想されます。

また、気温上昇が大きいと、発熱期間の短縮や高温障害が起こり、作物生産量が減少するとされています。

低緯度域などの元々気温が高い地域では、気温が1〜2度上昇しただけでこのような影響を受けます。

地球温暖化による作物生産性は環境変化に対する作物の応答や至適温度によりますが、気温の上昇が大きいと、基本的に作物の収穫は減少します。

先述したように水資源が不安定になる地域が発生することも相まって、今後の農業への影響が懸念されています。

(出典:国立環境研究所 地球環境研究センター 温暖化の環境)

ページ: 1 2 3

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。