コンテンツへ移動

トップガンマーヴェリック2021年7月2日米公開予定!

劇中に登場するF-14 トムキャットの同型機


Danger Zone (トップ ガンのテーマ) / KENNY LOGGINS


この映画で最も注目を集めた、Kenny Loggins のDanger Zone。

トップガン』(Top Gun)は、1986年のアメリカ映画。

アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画。

1986年度の全米興行成績1位を記録し、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。

助演のヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。

日本でも1987年度の洋画配給収入1位を記録した。

日本では当初「アクション映画」として売り込もうとされたが、前売り券が全く売れなかった。

しかし映画予告編の作成を依頼された会社の女性社長が「トム・クルーズは日本人好みのタイプの男性である」と直感で気づき、急遽自ら作り直した恋愛映画風の予告編を作成し差し替えた。

社長の機転により若い女性観客を取り込むことに成功、日本では「恋愛映画」として大ヒットすることに繋がった、というエピソードがある。

「トップガン (Top Gun)」とは、1969年3月に創立されたアメリカ海軍戦闘機兵器学校のことで、エリート戦闘機パイロットの上位1パーセントのパイロット達の空中戦技を指導するために創られた養成機関である。

本作の製作当時は劇中の通り、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のミラマー海軍航空基地 (Naval Air Station Miramar) にあったが、1996年にネバダ州のファロン海軍航空基地へ移転している。

製作にはアメリカ海軍が全面協力し、ミラマー海軍基地や空母「レンジャー」内で撮影が行われた(作中では「エンタープライズ」として登場している)。

また、俳優達はF-14トムキャットの後席で体験訓練飛行をした。


2007年10月26日にHD DVD版を発売


Blu-ray Disc版は当初同年10月の発売を予定していたが、発売元パラマウントのHD DVD支持の方針転換により、8月21日にBlu-ray版発売中止が発表された。

その後再度の方針転換により、2009年1月27日に改めてBlu-ray版のリリースを発表し、同年4月24日に発売。

Blu-ray版は本編の他にトップガンの舞台裏や、ストーリーボード、ミュージック・ビデオ(Kenny Loggins “Danger Zone”、Berlin “Take My Breath Away”、Loverboy “Heaven In Your Eyes”、Harold Faltermeyer & Steve Stevens “Top Gun Anthem”)やトム・クルーズ秘蔵インタビューなどの特典映像を収録。

さらにBlu-ray版のみの特典映像も収録している。



KENNY LOGGINS – Playing With The Boys(真昼のゲーム)


トップガンでのマーヴェリックの弱気ぶりが聞こえていた空母飛行隊長は、作戦ブリーフィングで彼をバックアップにまわし、先鋒に発つアイスの不信感を無理に押さえつける。

2機対2機の互角と見積もっていたが実際は6機であり、数で圧倒的に勝る敵機によってアイスらは苦戦を強いられ、とうとうハリウッド/ウルフマン機が撃墜されるに及んで、マーベリックは自らに自信が持てないままで出撃を余儀なくされる。

超音速飛行でやってきた戦闘域で、アイス/スライダー機1機に対する敵機5機のローリング・シザー機動による猛烈な攻撃を目の当たりにしてマーヴェリックは愕然としていたが、後方からの1機に気を取られて、知らない間に自分らの前方から向かってきた1機がすれ違いざまに起こした乱気流によって一時的な機の制御不能状態に陥る。

マーヴェリックはからくも制御不能状態から回復はしたもののグースを失った恐怖の記憶が甦り、怖気付いてしまって戦闘域から逃げ出した。

空母戦闘指揮所内で、無線会話をモニタリング中だった飛行隊長の罵怒声は届かないまでも、レーダー要員であるマーリンの叱咤やグースのドッグタグを握りしめ、まるで後部席に彼がいるかのようにいつもの台詞の「教えてくれ。教えてくれ、グース…」と、祈るかのように呟きながらマーヴェリックは戦闘復帰を果たし、苦戦するアイス/スライダー機と協調して敵機を4機撃墜、2機を撤退させることに成功。撃墜されたハリウッドらも無事に生還して、アイスマンらとフライトデッキ上でわだかまりを解消させた。

この一戦によって、マーヴェリックは一匹狼からチームワークを知る優秀なパイロットへ成長したばかりでなく、グースを失った自責の念は克服され、僚友の死の悲しみを振り払うかのようにドッグタグを大海原に放り投げ、彼なりの弔いを行なった。

世界中に報道された戦果でもあったことにより、これに気を良くした軍上層部の計らいによって、マーヴェリックは教官としてトップガンへ戻り、さらにその知らせを聞いて、ワシントンD.C.から戻っていたチャーリーと、2人の出会いのきっかけとなった思い出の曲に包まれながら劇的な再会を果たす。 (Wikipediaより)


映画『トップガン マヴェリック』2021年7月2日米公開予定!

トップガンマーヴェリックでは、1986年の第1作に続き主演のピート・ミッチェル(マーヴェリック)をトム・クルーズが務め、現役を退き次世代の精鋭戦闘機パイロットを育てる教官としての姿を描く。

前作からは他にライバルのトム・カザンスキー(アイスマン)役にヴァル・キルマー、訓練中の墜落事故で死亡した相棒ニック・ブラッドショウ(グース)の息子、ブラッドリー(ルースター)役としてマイルズ・テラーが出演。

監督は『オブリビオン』(2013年)でトムとタッグを組んだジョセフ・コシンスキー。

公開されているメイキング映像にもあるように、過酷なジェット機の飛行シーンも実際に俳優たちが搭乗しているというから驚きだ。

公式サイトから予告動画と詳細をご覧頂けます。

公式サイトこちらから

トム・クルーズ、名誉飛行士に ─ 『トップガン』の功績受ける!


『ミッション:インポッシブル』シリーズや『トップガン』(1986)などで知られる稀代のアクションスター、トム・クルーズが、米海軍より名誉飛行士官の称号を授与されました。

トム・クルーズといえば、演技に加えて自らスタントもこなす俳優として知られています。

上述の作品ほか、『アウトロー』(2012)『オブリビオン』(2013)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)など、継続してアクション映画に出演。

1994年にパイロットの免許を取得したトムは、新作『トップガンマーヴェリック』(2021年公開予定)にて、自ら戦闘機に搭乗して空撮に挑んだということだ。

Daily Mailによれば、米海軍は35人目となる名誉飛行士官の称号をトムに授与。

米海軍パイロットへの多大な貢献が授与理由とされています。

あわせて36人目の名誉飛行士官として、『トップガン』2作などのプロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーが授与されました。

ロサンゼルスのパラマウント・スタジオにて開催された授与式には、ブラッカイマーが参加。

現在、イタリアにて『ミッション・インポッシブル』第7作の撮影を行っているトムは、リモートにて称号を受け取りました。

海軍は、「映画史において、1986年のパラマウント・ピクチャーズ製作の映画『トップガン』ほど航空映画を象徴する作品はありません」と発表。

「この映画は何百万もの人々を虜にし、海軍航空隊の雇用に対する莫大な効果をもたらしてくれました」と功績を讃えています。

第1作『トップガン』では、現役海軍パイロットの協力により、歴史に名を刻む空撮アクションが実現。

約35年ぶりの続編『トップガンマーヴェリック』でも海軍は撮影協力に応じており、トムと海軍の関係は密接に続いている模様です。

2020年10月上旬、トムは訓練協力のパイロットたちに向けて「真のヒーロー」と公の場で敬意を示している。(2020年10月19日グーグルニュースから引用)

映画と音楽との関係はとても大切だと思います。

ドラマや映画で、シーンに合わない曲が爆音で俳優さんの声を打ち消す。

これが一番不快なんです。

皆様はどう思われますか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。