コンテンツへ移動

ライオンキングは2019年に公開されたアメリカのミュージカル映画

 


ライオンキングシリーズ25周年記念作品

アニメーションやミュージカルなどで人気の名作を、『アイアイマン』シリーズなどのジョン・ファヴロー監督が実写映画化しました。

アフリカのサバンナを舞台に、幼いライオンが王へと成長していく姿を映し出します。

ドラマの『アトランタ』など出演の、ドナルド・グローヴァーが主人公のシンバの声を担当。

『ドリームガールズ』などの歌姫ビヨンセが主人公の幼なじみナラの声を担当。

人類未体験の新ジャンル、超実写版。

ディズニー映画の映像表現が到達した、エンタメの最高峰。

アニメーションともミュージカルとも異なる感覚が新たな感動!


世界No.1作品  ドラマと感動をキング・オブ・エンタメとして映画化

1994年にアニメーション版が誕生して以来、今も世界中で親しまれているライオンキング。

アニメーション版の観客動員や、ミュージカル版の興行収入など、様々な世界記録を保持。

世界No.1の作品といっても過言ではない歴史的なライオンキング。

ディズニー・アニメーション映画史上全世界動員No1作品。

ミュージカル版は、エンタテインメント史上世界興行収入No1。

新たなドラマと感動を盛り込み映画化。

サバンナの雄大な風景、シンバたちの成長と冒険。

そして愛を感じてなど名曲にのせた心おどるミュージカルシーン。


あらすじ

王国プライドランドの中心にある大きな岩プライドロックの周りに、サバンナの大地で生活する様々な動物たちが集まります。

ライオンの王ファサと王女サラビの間に生まれたばかりの赤ちゃんライオン。

未来の王シンバの誕生をみんなで祝います。

その日の夕方、シンバの誕生を祝う場に姿を現さなかった弟スカーの元に行ったムファサは、王の弟として参加すべきだったと彼に注意をする。

シンバの誕生によって次の王座から遠ざかった嫉妬から、ムファサに悪態を着くスカーを見たザズー(ムファサに仕える鳥サイチョウ)は、スカーを追放することを提案するが、ムファサは『自分の弟だから』と難しい表情で遠くを見つめる。

少し大きくなり、好奇心旺盛な子供になったシンバは、ムファサに一緒にプライドランドの見回りに行くようねだります。

ムファサはどこまでも行きたがるシンバに、プライドランドの向こう側には絶対行かないようにと念をおします。

しかしその後、叔父のスカーから『プライドランドの向こう側に皆一度は行ったことがある』と言われたシンバは更に興味を持ちます。

プライドランドの向こう側に行ってしまったことから、この後シンバの父、ムファサを失うことになります。



子供の頃に観たライオンキング 新たな発見と新たな感動 いつの時代も共感できるテーマ

子供の頃には気づかなかった新たな発見と、新たな感動に胸が熱くなります。

特に父ファサとシンバの親子愛が印象的。

『おまえを失うかと思うと、怖かった』

『いつまでも永遠に誇りだ』

言葉の端々からにじみ出る子への愛情が思わず涙を誘う。

悪役、スーカの行いも、己の弱さゆえに力を求める。

子供の頃はシンプルに楽しい曲と感じていた、ハクナ・マタタ。

体の底から力が湧き上がる勇気の歌として心深く刻まれます。

世界中を虜にした『愛を感じて』は、ドナルド・グローバーとビヨンセ・ノウルズ=カーターという、世界トップクラスのシンガーが熱唱。

豪華なデュエットにより、名曲がさらに輝きを増している。

新発見の連続により、異なる新たな感動がこみ上げてきます。

空を見上げて吠える姿は、シンバの父親そのものだった。

何度観てもまた観たくなる映画の一つ。

親子の愛、絆、生きることの楽しさや、失う悲しみ、そして試練。

正に人間と同じだと感じる。

画像は本物と変わらない驚きは隠せない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。