コンテンツへ移動

THE DAY AFTER TOMORROW温暖化により氷河期を描く映画です

地球温暖化による海水温・海洋循環への影響とは?



THE DAY AFTER TOMORROW 棚氷崩壊この映画はここから始まります。



午後のロードショーで、8月20日にディ・アフター・トウモローが放送されていました。

この映画は架空の映画ではないと感じましたので掲載致します。

ディ・アフタートゥモロー

2004年製作アメリカ映画

ローランド・エメリッヒ氏が、監督、脚本、原案、製作を担当しています。

主演のジャック・ホール(デニス・クエイド)は気象学のエキスパート。

氷のサンプルを採取すると、突然棚氷が裂け、気象の異常を知ることになります。

温暖化によって極地などの氷が溶け、真水が海に流れる事で、塩分濃度の変化が起こります。

その結果海流の急変が発生し、これが将来的に氷河期を引き起こす可能性を考えるジャック。

危機を訴えますが実感のなさから、副大統領は経済的な損失を重要視しジャクの警告を無視する。

温暖化が始まり氷河期に突入するのは100年後、1.000年後と説明したジャック。

所が、海洋学者のテリー・ラプソン教授(イアン・ホルム)から夜中に電話があり、氷河期はもう始まったと連絡を受けるジャック。

危険を知らせるため奔走するジャック。

誰もジャックの言葉を信じない。

そして多くの犠牲が出て大惨事になると言う内容です。

興行収入の一部は植林を行う資金として寄付

最新のVFXによって作られた竜巻や津波などのリアルな映像が話題を呼び、興行収入はアメリカで1億8.600ドル、日本では3週連続の1位、52億円、全世界では5億4.400万ドルに達します。

映画製作に伴って排出したと考えられる二酸化炭素を吸収させるために、植林を行う資金を寄付しました。

アメリカではこうした映画が実に多い。

過去の地球ができるまでの過程や、恐竜絶滅など歴史的に解明されている事から、いずれ地球は無くなるだろうと科学者の論文による裏付けがあります。

それと地球が出来るまでの過程も解明されています。

何度も隕石が衝突し地球は壊滅を繰り返し、今に至るわけですが、今後も隕石の衝突が0とは言い切れない現実があります。

地球温暖化は様々な影響を及ぼしています。

温暖化による気温の上昇は陸だけではなく海洋の海水温や海水循環といった環境への影響も目立ちます。

環境への影響は、海洋生物にとっても大きな負担となり、絶滅危惧種などを増やしてしまうだけでなく、私たちが普段受けている恩恵も受けられなくなる可能性があるのです。

上昇し続ける地球の気温

現在地球全体で気温の上昇が起こり続けています。

これは地球温暖化によるもので、その進行は加速的に進んでいます。

気候変動に関する政府間パネル(IPVV)によると、第5次評価報告書で陸域と海上を合わせた世界平均地上気温は、1880年から2012年までの132年間で0.85℃上昇したことが報告されました。

最近30年の各10年間、つまり1990年〜1999年、2000年〜2009年、2010年〜2019年のそれぞれの10年は、1850年以降のどの10年間よりも高温を記録しています。

これは産業革命が大きく関係しています。

産業革命には石炭を燃やして蒸気機関車を動かすシステムが開発されました。

産業革命以来、人間の生産活動は石油や石炭などの化石燃料を燃焼させることによるエネルギーを用いて行われてきました。

経済成長を経るごとに大気中の二酸化炭素濃度は上昇し、産業革命以前に比べて40%増加しています。

GOSAT(温室効果ガス観測技衛星いぶき)による世界の二酸化炭素濃度分布観測結果を見ると、2009年には多くの国や地域が370〜380ppmだったのに対して、2018年には400〜410ppmと10年ほどで急激に二酸化炭素濃度が上がっているのが分かります。

◉地球温暖化により、気温の上昇が続いている

◉陸域と海上を合わせた世界平均地上気温は、1880年から2012年までの13年間で0.85℃上昇

◉大気中の二酸化炭素濃度は、産業革命以前に比べて40%増加

地球温暖化が及ぼす海への影響

cottages in the middle of beach

地球温暖化は世界全体に影響を与えています。

それは陸に生息する動植物や環境だけではなく、海水温や海洋循環にも影響を与えているのです。

海水温への影響

地球温暖化による気温の上昇は、海水温の上昇も引き起こしています

地球温暖化の原因は二酸化炭素などの温室効果ガスです。

二酸化炭素は森林などの植物が取り込み、酸素にして大気中に放出してくれます。

しかしそれだけでは大気中の二酸化炭素は減りません。

なぜなら酸素への転換は植物にしかできず、地球に生きるほとんどの生物は酸素を取り込み、二酸化炭素をを吐き出すためです。

植物でさへ、昼間は光合成をしながら、夜間は光合成ができないため呼吸を行い、二酸化炭素を吐き出すのです。

しかし、二酸化炭素を吸収する存在が植物以外にもあります。

それがこの地球面積の7割を占める海洋です。

海洋は二酸化炭素やエネルギーを吸収し、地球温暖化を和らげる役割があります。

1971年から2010年までの40年間に蓄積された熱エネルギーの9割以上は、海洋に吸収されているのです。

また人間の生産活動で放出された二酸化炭素の3割も海洋が吸収し、大気中の二酸化炭素濃度の上昇を抑えています。

しかしこれらは海洋自身も地球温暖化を進めることになります。

熱エネルギーを吸収することで海水温が上昇し、海水が膨張して海面水位の上昇が世界的に起こっているのです。

海水温の上昇率

日本近海のか水温の上昇率の特徴をについて見ると、2018年までの100年間で、海域平均海面上昇の上昇率は➕1.12℃でした。

これは、約100年間に渡る日本全国の年平均上昇率➕1.21℃と同程度の値です。

世界全体や北太平洋全体で平均した海水温の上昇率よりも大きくなっています。

世界全体の海水温の平均上昇率は100年間で➕0.54℃、北太平洋で➕0.52℃です。

IPCCの第5次評価報告書によれば、世界平均地上気温の上昇率は地域や海域によって異なります。

日本に近い大陸の内陸部で上昇率が大きくなってる影響を受けて、日本周辺海域における大陸に近い海域の海面水温の上昇率をあげています。

海洋は大気に比べて般化しにくい特徴があります。

そのため海水温が高くなり、海面水位が上昇すると元に戻りにくく長期化します。

つまりただちに地球温暖化の対策を行って、気温の上昇を抑えられても、海水温や海面数位はすぐには変化せず、変化するまでには相当な時間がかかると考えなければいけません。

十年規模変動の特徴

日本近海の海面温度の上昇に関しては、長期的な昇温傾向だけではなく十年規模の変動が見られます。

十年規模の変動は、全海域平均水温において2000年ごろに極大になり、その後は下降傾向、2010年には極小となりました。

日本近海の海水温の十年変動でみると、東シナ海北部や日本海中部などを終身に広い海域において冬季の季節風の強さの影響が深く関係し、海水温が変動しています。

他にも黒潮などの海流や、太平洋十年規模変動に関する海洋内部の水温変動が影響していると考えられている海域もあります。

海水温は十年規模を含む様々な時間スケールの変動と地球温暖化などの影響が重なり合って変化していることから、地球温暖化の進行を正確に監視するためには、十年規模の変動を把握することが大切です。

そのため海洋の変化は世界気象機関(WMO)をはじめとした国際機関や各国政府と研究機関との連携で行われており、日本は気象庁が1930年代に観測船による海洋観測を開始しています。

今後も観測を続けながら、海水温や海面水位の上昇の推移には注意していく必要があります。


海洋循環への影響

海洋の中では深層循環が常に行われています。

これは海水の水温と塩分による密度差によって動く熱塩循環と呼ばれています。


熱塩循環

熱塩循環は、以下の1と2を繰り返すことです。

1.表層にある海水は北大西洋のグリーランド沖と南極大陸の大陸周辺で冷却され、重くなり底層に沈む。

2.世界の海洋の底層に広がり、底層を移動する間にゆっくりと上昇して、表層に戻る。

この循環は約1000年スケールで行われています。

地球温暖化や気候変動の影響は、この海洋循環にも影響を与えると考えられています。

海洋循環


本来であれば底層にまで沈みこむような重い海水が形成される海域の昇温や、降水の増加、氷床の融解などによる底塩分化によって、表層の海水密度が軽くなり、底層に沈みこむ量が減少してしまう可能性があります。

そうなると深層循環が一時的にでも弱まると考えられており、南からの暖かい表層水の供給の減少や、北大西洋とその周辺の気温の上昇が比較的小さくなると指摘されています。

実際にIPCCの第5次評価報告書によると、大西洋の深層循環の変化傾向を示す観測上の証拠はないものの、1992年から2005年の期間に3.000mから海底までの層で海洋は温暖化した可能性が高いと報告されています。

また、大西洋の深層循環の予測については、深層循環が数十年規模の自然変動により強まる時期があるかもしれないとしています。

さらに21世紀を通じて弱まる可能性は非常に高いとしています。

21世紀中に突然変化または停止してしまう可能性は低いものの、22世紀以降については大規模な温暖化が継続すると大西洋の深層循環が停止してしまう可能性があるとしています。


◉海洋は二酸化炭素や熱エネルギーを吸収し、地球温暖化を和らげる役割がある

◉海洋は大気に比べて変化しにくい特徴があるため、海水温が高くなって海面水位が上昇すると元に戻りにくく長期化する

◉22世紀以降、大規模な温暖化が継続すると大西洋の深層循環が停止してしまう可能性がある

(出典:気象庁 地球温暖化と海洋)

(出典:全国地球温暖化防止活動推進センター 地球は温暖化してきているのか)

(出典:気象庁 海面水温の長期化傾向 日本近海、2018)

(出典:気象庁 深層循環の変動について)

私が実際体験したこと

沖縄には何度も行きました。

最初は2泊3日でオープンウオーターを取得するため。

2度目は、沖縄本島に宿泊し一ケ月間滞在しました。

その滞在期間の一ヶ月の間に、2度の台風が沖縄に上陸。

波が高いとスキューバダイビングは中止となります。

そんな時には、首里城や、金城氏の釜場、沖縄漆喰、沖縄ガラスなど色々見て歩きました。

沖縄は今も台風上陸で大変な状況かと思われます。

沖縄は台風が多い地域で、首里城の外観は台風の影響で所々剥がれ落ちているのを見ました。

そして、海水温が1度上がるだけでも、サンゴ礁が死ぬことを教えて頂きました。

そのため、サンゴ礁を人工的に増やす事を積極的に行う人もおられました。

海面に近いところで生き残ったサンゴ礁を、少しずつ海面に近いところに植え付けるという方法です。

サンゴ礁が死んでしまうと、魚も育たなくなり死海となっていきます。

その後宮古島に行きました。

宮古島にはホワイトシティーと言われている所があり、その海の海域の透明度は何と50mもあるんです。

透明度が高いのは水流も強いせいかとも思いましたが。。。

水流が強いため、海底を手で砂を捉えて這うようにしてサンゴ礁に向かいます。

そのサンゴ礁の周りには多くの魚が元気に泳いで居ました。

潜らなくても水面からでもその海の美しさを一望できるほどの透明度。

潜水するものは、サンゴ礁に触れない、機材で接触しない事が条件となっています。

その後式根島に行きました。

この時はスキンダイビングでの潜水です。(素潜り)

私たちが潜水した場所は綺麗な海で綺麗な魚たちを見る事が出来ましたが、その反対側では、死海となっていました。

潜水することで海の状況が肌で感じることが出来ます。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。