コンテンツへ移動

何故Google翻訳機能で伝えたいことが上手く伝わらないのか?

機能的文盲について、書かれた記事を見ているとなるほどと理解しました。

機能的文盲

概要

◉機能的文盲とは読めるけれど理解できない。

◉朝鮮では言葉の6割が漢字由来なのに、現在は韓国も北朝鮮も漢字を使っていない。

◉ハングルは表音文字で、ハングルで書いている以上は、誰でも文章を読むことができるが、意味が分からない。(前後の文章から推察すればいいが、それも読解力があればこそ)

◉意味が分からないので、文章を読まない。

読まないからボキャブラリーが増えない。

読書もしなくなる。

◉日本と韓国との歴史認識の差には、韓国人に古い文書が読めないということが影響している。

◉理解し合うのは難しい。

機能的文盲とは

機能的文盲とは『読めるが分からない』と言う状態のこと。

日本人には機能的文盲という言葉(意味は分かっても)ピンとこない。

イメージしにくい。

なぜかというと日本語が、ひらがなとカタカナという表現文字と、漢字という『表意文字』を併用しているからです。

日本人には文章とは『読めて、分かって当然』という常識なのです。

実は読めることと分かることは別なんです。

例えば、この文章が全てひらがなとカタカナで表記されていたら、読めるのですが分かりにくいでしょう。

このぶんしょうが すべてひらがなとカタカナで ひょうきされていたら よめるのですが わかりにくいでしょう。

日本人は漢字を見ると、言葉の意味がなんとなくわかる。

このなんとなくはとても大事で、もしも漢字がなくてひらがなとカタカナだけで表記されていたら、その単語の意味を知らない場合、その単語を辞書で引いて調べないと文章の意味は全く分かりません。

でも、ひらがなとカタカナの文章は読めますよね。

読めるには読める。

声に出して読むことはできる

でも、文章の意味は分からない。

それが機能的文盲です。


漢字由来の言葉が多い観光で表音文字(ハングル)に固執する

よってアルファベットやハングルといった表音文字の文化圏は、ボキャブラリー(語彙)の有無が文章の理解力に影響します。

韓国では漢字を追い出し、ハングルだけを利用しています。

よって韓国人は表意文字である漢字が読めません。


表音文字の文化圏では語彙とは知性イコールと言ってもいいでしょう。

表音文字の文化圏の中でもハングル文字の韓国では、さらに事情が違う。

韓国語の単語はかなりの数、6割が『漢字由来』になっています。

漢字由来の言葉を使っているのに、朝鮮人は漢字を知らないのです。

だから語彙は少なくなりますよね。

結果、韓国では文章を理解するのは難しいし、文章が難しいと読書もしないし、新聞も読まない。

理解できないから読まないし、読まないから余計に語彙が増えない。

それで、さらに読まなくなる。

この悪循環の結果、機能的文盲が増えているのです。

ページ: 1 2 3

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。