コンテンツへ移動

今この季節だから観たい映画『ハート・オブ・ウーマン』

毎日雨、曇りばかりで気が滅入る日々を送っています。

身体もキツい!

そんな時には、思わず笑えて、素敵な音楽が作品中に流れてくるとその間は癒される筆者です。

今日はメル・ギオブソン主演の映画をご紹介します。


メル・ギブソン主演 『ハート・オブ・ウーマン』


2000年のアメリカのロマンティック・コメディ映画。

監督:ナンシー・マイヤーズ

出演:メル・ギブソン、ヘレン・ハント

メル・ギブソン演じるのはニック・マーシャル。

ダーシー・マグワイヤー演じるのは、ヘレン・ハント。


子供の頃のニックはダンサーに囲まれて育ちます


幼少期のこうした環境から、女性に対して自信満々のニックは複数の女性と関係を持つことは日常茶飯事でした。(自信過剰気味)

女性の心を掴むのがとても上手いニックは女性に対して横暴なところがありました


女性関連の商品の事は分からないニック。(当然ですよね)

ダーシー・マグワイヤーが提供した女性用品を試作する。

何とかアイデアを出そうと懸命になり、CDのリズムに乗ってマニキュアをつけたり、口紅をつけたり、マスカラをつけたり、パンストを履いたり脱毛剤を使ってみたりと苦戦していました。(ここは爆笑ものです)

余計に女性の気持ちが分からなくなるニック。

何で女性はこんなものを使うのだろうかと。。。

その時にバスタブで感電し朝まで気を失ってしまいます。

大変な事がニックを襲います、バスタブで転倒し感電したことから。。。

元の自分に戻るために雷にうたれることを思いつきますが。。。

そしてここからお大きな変化がニックを悩ませる事態となります。

それは。。。

女性の声や、雌犬の声も聞こえるようになり、パニック状態のニック。

女性たちの心の声が聞こえて困り果てる。

会議中ニックの考えを発表するが、全ての女性に馬鹿にされてしまう。

どんなに女性が繕ってもニックには全ての心の声が聞こえてしまうから。

バスタブで転倒した際に、感電した状況を作れば元に戻れると考えたニックは雷にうたれることを思いつく。

しかしながら、以前より酷くなり元妻のカウンセラーパーキンス先生(ベッド・ミドラー)に会いに行く。

パーキンス先生に、『女性の心の声が聞こえると』言っても馬鹿にされるだけで信じてもらえない。

そこで思いつくニック。

心の中で数字を思い浮かべてみてと伝え、全ての数字を当てたニックに驚くパーキンス先生。

そこでパーキンス先生は言う『女の心を読めたら世界を支配できる』と。

その言葉にニックは上機嫌。

これを逆手にとって女性の心を読み、良い方向へと持っていく。

新しく入ってきた、クリエィテブデザイナー(ダーシー・マグワイヤー)に自分の地位を奪われてしまう。

気落ちするニックに突然起きたこの異変を最大限に生かします。

女性の心の声を聞こえることを利用し、ダーシー・マグワイヤー(ヘレン・ハント)の考えていることを

自分のアイデアとして発表します。


娘の心の声を聞いて椅子にかけたまま倒れ込んでしまう。こちらから予告編を観る事が出来ます。

まとめ


コメディタッチがとても面白い!

作中挿入されている曲もとても素晴らしい。

映画音楽はとても重要だと筆者は感じています。

1. Somethings Gotta Giveサミー・デイヴィス Jr.2:05
2. Too Marvelous For Wordsフランク・シナトラ2:28
3. The Best Is Yet To Comeナンシー・ウィルソン2:22
4. I Won’t Danceフランク・シナトラ3:22
5. Bitchメレディス・ブルックス4:13
6. The Good Lifeトニー・ベネット2:16
7. Mack The Knifeボビー ダーリン3:08
8. I`ve Got You Under My Skinフランク・シナトラ3:43
9. If I Had Youニーナ フリーロン4:49
10. What A Girl Wantsクリスティーナ・アギレラ3:36


Somethings Gotta Giveはこちらから

Too Marvelous For Wordsはこちらから

The Best Is Yet To Comeはこちらから

I Won’t Danceはこちらから

Bitchはこちらから

The Good Lifeはこちらから

Mack The Knifeはこちらから

I`ve Got You Under My Skinはこちらから

If I Had Youはこちらから

What A Girl Wantsはこちらから

音楽だけ聴いていてもつまらない。

映画の映像と音楽が一つになってこそ、音楽も生かされ、映画も生かされるのだと筆者は思うのです。

それは絶妙なタイミングでなくては、それを叶える事は難しい。

そこで登場するのが音響のプロ!

一つの映画を作成するには、多くの優れたスタッフの集大成が不可欠ではないかとおもうのです。

最後のクリスティーナ・アギレラの曲は、今の若い方に良いかもしれない。

この曲は、ニックの娘が持っていたCD。

この曲を聴きながら、ニックは踊りながらマニキュア、マスカラをつけたり。。。爆笑🤣

その他人気作品が多いようです。

Lady Marmalade

Candymanはマリリン・モンローを彷彿とさせます。

今日も最後まで読んでくださり有り難う御座います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。