Rumikoworld

実話を基にした映画  最強のふたり

広告


最強のふたり』(さいきょうのふたり、原題: Intouchables)は、2011年のフランス映画。

頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。

2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、最高賞である東京サクラグランプリを受賞し、主演の2人も最優秀男優賞を受賞した。

また、第37回セザール賞で作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・音響賞にノミネートされ、オマール・シーが主演男優賞を受賞した。

フランスでの歴代観客動員数で3位(フランス映画のみの歴代観客動員数では2位)となる大ヒット作となった。

日本でも興行収入が16億円を超え、日本で公開されたフランス語映画の中で歴代1位のヒット作となった。(Wikipediaより掲載)

特別扱いこそ差別?健常者と障害者の対比

この映画は事実を基にした映画です!

首から下が麻痺(まひ)した大富豪と、彼の介護者である黒人青年。

そんな二人の出会いと友情を、笑いと感動に包んで描いた『最強のふたり』。

日本公開のフランス語映画の興行収入記録を更新、歴代ナンバーワンの大ヒットとなった本作のブルーレイ&DVDが絶賛発売中だ。

特典映像では、主人公のモデルとなった本人たちが秘話を披露している。

本当の『最強のふたり』が語る奇跡の物語の真実とは?

『最強のふたり』の物語は、首から下が麻痺(まひ)したフィリップと介護役のアラブ系青年アブデル(役名はドリス)の実話が基になっている。

劇中では猛スピードでドライブ中の二人が警察に追われ、フィリップがとっさに、発作のフリをしてことなきを得るが、実際のフィリップも「警察に追われたときに使うのさ」とロールス・ロイスに人工呼吸器を装着しているそう。

麻痺(まひ)の原因となる大事故を引き起こしたパラグライダーに、再び乗ったというエピソードも真実。

「イカれたことも彼と一緒だからできた」とアブデルが話すように、映画だからと誇張しているわけではなく、実際の二人もとんでもなくユニークだった。

映画では人種や年齢、階級といった壁を越えて友情を築き上げていくが、実際の二人の出会いはどうだったのだろうか。

何と、実際のフィリップはドリスのモデルとなったアブデルの履歴書を見ていないという。

そんなオープンなフィリップだからこそ、飾らないアブデルを気に入ったともいえるだろう。

また、フィリップはアブデルについて「人生について同じ哲学を持っている」とも。

アブデルはアラブ系だが、「各自が独自の人生を楽しむべき」という考えの持ち主。

個々を何より大切にするフランス人の人生観にも通じていて、フランス社会の寛容さを見るようで面白い。

フィリップ役のフランソワ・クリュゼの演技には「とても動揺した」という実際のフィリップ。

クリュゼのまなざしに宿る「苦しみ」が見て取れたとフィリップが打ち明けるように、一見するとコメディー映画だが、重苦しいテーマを含みながらも前向きなメッセージをわたしたちに与えてくれる。

『最強のふたり』は力強いメッセージが込められた作品。

健常者と障害者、才能がある者とない者、二者の対立を嘆いている。

われわれはもともと弱い人間だから支え合うべきなんだとフィリップはこの映画について言葉を添えている。

実在の二人は現在も深い絆で結ばれているという。

人はいずれ、誰もが障害者となる

友人が言っていました。

『身体は障害があって自分だけでは生きていかれない。けれど、みんないずれは障害者になる。私は脳がしっかりしていて良かった。』と。。。

友人は出筆活動と、講演会に呼ばれ全国を飛び回っていました。

友人は敬虔なクリスチャンでした。

私と友人の間には何の壁もなく、互いに助け合う関係でした。

友人の側にいると、それだけで不思議と癒されるのです。

常に友人を通して神様と共にあるかのような不思議な感覚でした。

横浜市では名の知れた方でした。

長野に私の運転で子供達を連れて遊びに行ったり、横浜市内を遊んで歩いたりしていました。

講演会では特に、学生を対象とした講演会が多く、友人の言葉に泣き出す子も多かった様です。

心の傷を癒す不思議な力を持つ人でした。

そして癒された人たちは立ち直り前進する。

全国に友人を慕う方が居たので移動には何の苦労もせずに移動できた。

友人は人格者だった。

共に散歩すると見知らぬ人が、車椅子の友人に向かって『頑張ってね!』と言う。

その時友人は笑顔で『あなたもね!』と返す。笑

友人が私に囁く『これ以上どう頑張れば良いのよね?』爆笑!

友人は遺伝的な筋ジストロフィーだつた。

国からの援助を一切上受けず自分の力で生活費を捻出していた。

母親と同じ病と知った時、ショックで自殺も考えたと言う。

その後ご結婚もされて前向きに生きて命を全うされました。

私といえば、先祖がお寺の住職でしたのでその関係で仏教なんですが。。。

宗教の差は何も問題はありませんでした。

互いそこに求めるものが同じで、支え合っていたように思います。

私にあって友人に無いもの。

友人にあって私に無いもの。

身体が健康でも、心は?

あしたは最高の始まりは、『最強のふたり』のオマール・シーが演じています。

2016年のフランスのコメディドラマ映画です。

南仏コートダジュールで、毎日がバカンスのような暮らしを送るサミュエル。

ところが、かつて関係を持ったクリスティンが現れ、生後数ヶ月のグロリアを『あなたの娘よ』と預けていく。

慌てたサミュエルはクリスティンを追ってロンドン行きの飛行機に乗るが、心に傷を背負った彼女は消えてしまう。

呆然とするサミュエルを救ったのは、彼に一目惚れしたゲイのベルニーだった。

それから8年、すっかり普通じゃない家族になった3人。

そんな時、サミュエルがグロリアに世界をまたにかける敏腕エージェントだから会えないと説明していた母親クリスティンから突然連絡が入る。

サミュエル:オマール・シー

グロリア:グロリア・コルストン

クリスティン:クレマンス・ポエジー

ベルニー:アントワーヌ・ベルトラン

制作:フランス

2016年12月7日公開

概要

2013年のメキシコ映画のリメイクです。

舞台はアメリカとメキシコから、南フランスとイギリス・ロンドンに移されました。

監督のジェランは、ライフ・イズ・ビューティフル幸せの力のように、大人と子供のシーンを巧みに演出した映画を彷彿とさせた物語に興味を抱き、他の2人の脚本家と共に共同執筆に取り掛かりました。

原題の『Demain Tout Commence』は明日は新しい一日という意味で、元々は哲学者ガストン・バシュラールの言葉です。

オリジナル版の優れたストーリー性はシナリオ作成期間短縮にも功を奏し、2015年9月に南フランスで撮影が開始され、10〜11月にロンドン、11月末から12月はパリのスタジオで撮られました。

撮影は52日、編集に10週間、ポストプロダクションに10か月を費やしたそうです。

ロンドンの国際色豊かな風景は、サミュエルの人物像を広げるために役に立っています。

劇中でサミュエルとグロリアが住むアパートは、トム・ハンクス主演のビックを参考にしています。

フランスでは興行収入9週連続トップ10入り、累計300万人超の動員を記録したほか、オランダとドイツで5週連続トップ10入りするなどヨーローッパを中心にヒットしました。

ストーリー

最強のふたり』に続いて世界が惚れ込んだのは、型破りのこのふたり。

突然父親になったプレイボーイと、男手ふたつで育てられた少女が人生の最高のパートナーになる。

世界が笑いと涙に包まれた感動のエンタテインメント。

一大ブームを巻き起こした『最強のふたり』で世界的なスターとなったオマール・シーが、笑いと涙のフランス発バディ・ムービーに帰ってきました。

人生はパーティー、恋とダンスとお酒さえあればOKだった超お気楽な男が、わけあってある日突然シングルファーザーに。

ゲイの友人のサポートも得て、男手ふたつでで奮闘した結果、娘は最高の相棒に成長。

『夢のような人生を送る』というモットーから生まれた、常識破りの子育てと親子の絆にフランスが熱狂。

大ヒットを記録します。

さらにヨーロッパ各国でも拍手喝采の輪が広がっていった。

原案はアメリカでも大ヒットを記録したメキシコ映画。

きっと明日も元気になれる、『世界が惚れ込んだふたり』の感動エンタテインメント。


「最高のふたり』のオマール・シー主演作品

『最強のふたり』で一躍世界的なスターとなり、ハリウッド超大作への出演が続いていたオマール・シーが初めての父親役を演じる。

実生活でも4人の父親の彼は、突然シングルファーザーになり戸惑いながらも、ポジティブに子育てをしていく役を説得力を持って好演。

娘のグロリアを演じるのは映画初出演となるグロリア・コルストン。

弾けるような愛らしい笑顔と聡明さが物語を輝かせる。

そして、もう一人の父親、ベルニーを演じるのはアントワーヌ・ベルトラン。

『最強のふたり』の舞台版で、映画でオマール・シーが演じたドリス役を演じ話題を呼んだことがきっかけでこの運命的な配役となりました。

ロンドン観光名所から最先端スポットまで押さえたロケ地

ロンドンの魅力と、ふたりが住む夢のようなアパートのインテリアにも注目。

舞台となるロンドンでロケ撮影を敢行。

言わずと知れた、ピカデリーやノッティング・ヒル、テムズ川やロンドン橋にタワーブリッジ。

お馴染みの観光名所から、アートが盛んな最先端スポットのイーストエンドのショーディッチまで、様々なロンドンの風景を捉えています。

また、サミュエルとグロリアが住むアパートは、子供が夢見るような、テーマパークのミニチュアのようなカラフルで楽しいインテリア。

ふたりの絆や愛情を感じさせ物語を彩っています。


Exit mobile version