コンテンツへ移動

実話を基にした映画  最強のふたり

 

 

 

 

最強のふたり』(さいきょうのふたり、原題: Intouchables)は、2011年のフランス映画。

頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。

2011年10月23日、第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、最高賞である東京サクラグランプリを受賞し、主演の2人も最優秀男優賞を受賞した。

また、第37回セザール賞で作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・音響賞にノミネートされ、オマール・シーが主演男優賞を受賞した。

フランスでの歴代観客動員数で3位(フランス映画のみの歴代観客動員数では2位)となる大ヒット作となった。

日本でも興行収入が16億円を超え、日本で公開されたフランス語映画の中で歴代1位のヒット作となった。(Wikipediaより掲載)

 

特別扱いこそ差別?健常者と障がい者の対比

 

この映画は事実を基にした映画。

首から下が麻痺(まひ)した大富豪と、彼の介護者である黒人青年。

そんな二人の出会いと友情を、笑いと感動に包んで描いた『最強のふたり』。

日本公開のフランス語映画の興行収入記録を更新、歴代ナンバーワンの大ヒットとなった本作のブルーレイ&DVDが絶賛発売中だ。

特典映像では、主人公のモデルとなった本人たちが秘話を披露している。

本当の『最強のふたり』が語る奇跡の物語の真実とは?

『最強のふたり』の物語は、首から下が麻痺(まひ)したフィリップと介護役のアラブ系青年アブデル(役名はドリス)の実話が基になっている。

劇中では猛スピードでドライブ中の二人が警察に追われ、フィリップがとっさに、発作のフリをしてことなきを得るが、実際のフィリップも「警察に追われたときに使うのさ」とロールス・ロイスに人工呼吸器を装着しているそう。

麻痺(まひ)の原因となる大事故を引き起こしたパラグライダーに、再び乗ったというエピソードも真実。

「イカれたことも彼と一緒だからできた」とアブデルが話すように、映画だからと誇張しているわけではなく、実際の二人もとんでもなくユニークだった。

映画では人種や年齢、階級といった壁を越えて友情を築き上げていくが、実際の二人の出会いはどうだったのだろうか。

何と、実際のフィリップはドリスのモデルとなったアブデルの履歴書を見ていないという。

そんなオープンなフィリップだからこそ、飾らないアブデルを気に入ったともいえるだろう。

また、フィリップはアブデルについて「人生について同じ哲学を持っている」とも。

アブデルはアラブ系だが、「各自が独自の人生を楽しむべき」という考えの持ち主。

個々を何より大切にするフランス人の人生観にも通じていて、フランス社会の寛容さを見るようで面白い。

フィリップ役のフランソワ・クリュゼの演技には「とても動揺した」という実際のフィリップ。

クリュゼのまなざしに宿る「苦しみ」が見て取れたとフィリップが打ち明けるように、一見するとコメディー映画だが、重苦しいテーマを含みながらも前向きなメッセージをわたしたちに与えてくれる。

『最強のふたり』は力強いメッセージが込められた作品。

健常者と障害者、才能がある者とない者、二者の対立を嘆いている。

われわれはもともと弱い人間だから支え合うべきなんだとフィリップはこの映画について言葉を添えている。

 

 

実在の二人は現在も深い絆で結ばれているという。

 

人はいずれ、誰もが障害者となる。

 

友人が言っていた。

『身体は障害があって自分だけでは生きていかれない。

けれど、みんないずれは障害者になる。

私は脳がしっかりしていて良かった。』

友人は出筆活動と、講演会に呼ばれて全国で活動された。

講演会では特に、学生を対象とした講演会が多く、友人の言葉に泣き出す子も居たと言う。

心の傷を癒す不思議な力を持った人だった。

そして癒された人たちは立ち直り前進する。

全国に友人を慕う方が居たので移動には何の苦労もせずに移動できた。

友人は人格者だった。

共に散歩すると見知らぬ人が、車椅子の友人に向かって『頑張ってね!』と言う。

その時友人は笑顔で『あなたもね!』と返す。笑

友人が私に囁く『これ以上どう頑張れば良いのよね?』爆笑!

友人は遺伝的な筋ジストロフィーだつた。

国からの援助を一切上受けず自分の力で生活費を捻出していた。

母親と同じ病と知った時、ショックで自殺も考えたと言う。

その後ご結婚もされて前向き生きて命を全うされた。

 

2件のコメント »

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。