コンテンツへ移動

ベスト・キッドを観た後は、ブルース・リーに辿り着きます




リメイク版ベスト・キッズを観た後はブルース・リーに辿り着きますね。笑

私がブルース・リーの存在を知ったのは10代の頃。

その当時は、今のようにネットやテレビでレンタルして観られる時代ではありませんでした。

初めて観たきっかけが、昔すぎて忘れてしまいました。汗

その後大人になってからは、TSUTAYAに頻繁にレンタルビデオを借りていましたね。

今のようなテレビのHDで観るとか、パソコンで簡単に見られる時代ではありませんでしたから。

ブルース・リーが亡くなった時には、『どうして!?』と驚きは今も鮮明に覚えています。

私流に考えれば、スタントマンを使わないリーは、撮影中の格闘が原因で亡くなったのではと思っていました。

格闘シーンでは、血管が浮かび上がるほどでしたから、脳の病ではないかと勝手に想像していましたね。


カンフー映画の始まり

カンフー映画は、中国拳法及びカンフーを主体としたアクション映画。

中華圏では『功夫片』と呼称されています。

1970年代初頭の香港で製作された『燃えよドラゴン』の大ヒットにより、世界的に認知されるジャンルとなりました。

このジャンルの代表的なスターとして、ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リーがいます。

代表的なカンフー映画

◉燃えよドラゴン

◉酔拳シリーズ

◉少林寺シリーズ

◉ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナシリーズ

◉少林寺サッカー

◉イップ・マンシリーズ



中国拳法の訓練をする人々(ハンガリー)

燃えよドラゴン



アクション映画の概念を変えた歴史的傑作

限界まで鍛えられた肉体。

圧倒的な技術に裏打ちされたリアルなファイトシーン。

特徴的な『アチョー!』という怪鳥音。

そしてブルース・リーの突然の死。

以降のアクション映画に影響を与えたカンフー映画。

あらすじ

少林寺拳法の達人であるリーが、妹を自害させた手下を持つ犯罪組織のボスハン。

ハンが開催する武術トーナーメントに参加し、妹の復讐を遂げるまでを描くアクション映画。



圧倒的な筋肉のブルース・リー

カンフーのレジエンドブルース・ ブルース・リー

1.ブルース・リーの鍛え上げられた肉体

どれだけ忙しくてもトレーニングを怠ることの無かったブルース・リー。

その肉体は当時の中国の俳優と比較すると筋肉が桁違い。

そこから繰り出される攻撃は、当時の観客は見たことのない非常に鋭く、観客を驚かせました。

2.圧倒的な技術に裏打ちされたリアルなファイトシーン

幼い頃は少林寺、13歳から5年間は達人イップ・マップの元で詠春拳を学び、最後には、『ジークンドー』と呼ばれる新しい武術を作ってしまうほどだったブルース・リー。

動きのキレだけではなく身体の使い方や攻撃の一つ一つが明らかにアクションとは異なっており、そのリアルで迫力のあるアクションが観客を魅了しました。

3.奇鳥音と呼ばれる特徴的な声

奇鳥音と呼ばれる『アチョー!』とう独特のかけ声も印象的でした。

この頃の香港映画は吹き替えが一般的。

この奇鳥音のみブルース・リーの肉声が使われています。

4.公開前にブルース・リーが謎の死を遂げたこともこの作品が伝説化した大きな要因です。

死因には様々な説があり、陰謀論も出るほど。

ブルース・リーの作品

香港で『ドラゴン危機一発』で初めて大ヒットを生み出し、そこから主演を務めた映画は、ドラゴン怒りの鉄拳、ドラゴンへの道、燃えよドラゴン、死亡遊戯の4本。

享年32歳余りにも早すぎる死でした。

ブルース・リーの家族

長男 ブランド・ブルース・リー1965年生まれ

中国系アメリカの人の俳優。

中国名は李 國豪(り こくごう)。

カルフォルニア州オークランド出身。

ブルース・リーの長男として生まれる。

1985年TV映画『ブランドン・リーのカンフー・ファイター』でデビュー。

1987年、香港映画『ファイアー・ドラゴン』で初主演を飾り、ハリウッドでデビューする。

1993年3月31日、ノースカロライナー州ウィルミントンで映画『クロウ/飛翔伝説』の撮影中、本来は弾丸がついていない撮影用空砲が入っているはずの銃撃シーン。

使用する拳銃のダミーラウンドが残存しており、その銃をスタッフから渡されたマイケル・マッシーが使用した際に、発射された弾丸が腹部に当たりブランドンは事故死しました。

28歳という若さで死亡。

映画自体はほとんどの撮影が済んでいたため、残りの部分は未使用映像やCGを使って補填されました。


出演映画

  • 1986年怒りの遺産
  • 1987年ファイアー・ドラゴン
  • 1990年バトルドラゴン
  • 1991年リトルトゥキョー殺人課
  • 1992年ラビッド・ファイアー
  • 1994年クロウ/飛翔伝説

1994年クロウ/飛翔伝説




1991年リトルトゥキョー殺人課


1986年怒りの遺産


ブランドンとブルースの墓(米国・シアトル)

(一部Wikipediaより引用)


長女 シャノン・リー

1969年4月19日生まれ

アメリカ合衆国カルフォルニア州ロサンゼルス生まれ

アメリカの女優、武道家、実業家です。

1994年 イアン・キスラーと結婚し、子供はレン・キースラー



ブルース・リーの娘:シャノン・リー と ベニー・ユキーデ の対決アクション


『スパルタンX』や『サイクロンZ』でジャッキー・チェンと死闘を繰り広げたマーシャル・アーツ王者のベニー・ユキーデ。

映画『エンター・ザ・イーグル』で、初めて両者の対決シーンです。

一つのことを知ると、色々な事を知ることになります。

そして深く掘り下げていくと色々見えてきます。

知ることで、そこには多くの学びが知識となります。

時間もかかりますが。汗

最後まで読んでくださりありがとうございます。


2件のコメント »

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。