コンテンツへ移動

バットマンはDCコミックス社出版のシリーズ

バットマン』は、DCコミックス社が出版するアメリカン・コミック。

 

このシリーズは、スーパーヒーロー、バットマンの冒険にスポットを当てています。

1938年に誕生したスーパーマンの人気を受け、39年のバットマン、40年のジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA) 、41年のワンダーウーマンなどヒーローコミックの企画が次々に登場しました。

 

 

今回はジョーカーに焦点を当ててみました。

 

ジャック・ニコルソン演じるジョーカー

 

 

 

ティム・バートン監督作『バットマン』(1989)でジョーカーにふんしたのは、『カッコーの巣の上で』など3度のアカデミー賞に輝く名優ジャック・ニコルソンです。

本作におけるジョーカーの本名はジャック・ネーピア。

マフィアのナンバー2だった彼が女絡みでボスの不興を買い、銃撃戦の末に化学工場の薬品槽に落ちて肌は真っ白&顔の神経も全部やられ、闇医者の手で常に笑った顔のジョーカーへと変貌する姿が描かれています。

ジャック・ネーピア時代も相当な悪でしたが、薄汚れた病院で顔の包帯を取り、その顔を初めて見て高笑いするシーンはまさにサイコ。

紫のスーツにオレンジシャツと派手すぎる衣装に、愉快な音楽に合わせて踊りながら登場するなどコミカルな印象が強いですが、ジョークで人の顔に酸をかけたりとやっていることはかなり凄惨で、陽気と狂気のバランスが絶妙に彼の恐ろしさを際立てます。

ニコルソンは「薬品槽に落ちて違う人格が出てきたわけだから、精神が不安定なキャラクターを演じた」と振り返り、バートン監督は「完璧以上。まさにジョーカーそのものだった」と絶賛で、ニコルソンの演技を見たいがためにテイクを重ねたと明かしています。

ジャック・ニコルソン演じるジョーカーは、恐ろしいと言うよりピエロのような笑がありました。

 

ヒース・レジャー

 

 

2008年に公開された『ダークナイト』では主人公バットマンの宿敵ジョーカーを演じたヒースレージャーの顔、声、演技を観て鳥肌がたちました。

とても衝撃的で忘れることが出来ない程のインパクトです。

ヒース・アンドリュー・レジャー(Heath Andrew Ledger, 1979年4月4日 – 2008年1月22日)は、オーストラリア出身の俳優です。

オーストラリアでテレビ・映画に出演した後、1999年に『恋のからさわぎ』でハリウッドデビューを果たす。当初はアイドル路線的な注目だったが、ほどなくして本人がこの路線を拒否し、以後出演作品を選ぶようになりました。

『ブロークバック・マウンテン』(2005年)の演技が絶賛され、26歳でアカデミー主演男優賞にノミネート、一躍若手演技派俳優と目されるようになります。

その後も順調にキャリアを重ねて行きました。

死後、『ダークナイト』(2008年)の演技により、アカデミー助演男優賞を受賞。

2008年の死後に公開された『ダークナイト』では主人公バットマンの宿敵ジョーカーを演じます。

ヒース・レジャーは、一ヶ月間ロンドンのホテルにひとりきりで閉じこもり、ジョーカー独特の声や笑い方を作り上げるなどして圧倒的な役作りで撮影に臨み、ジャック・ニコルソンとはまた違ったジョーカー像を創造することに成功し、批評家から高い評価を得ました。

この作品で彼はアカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞 助演男優賞、英国アカデミー賞 助演男優賞など主要映画賞を総なめにしました。

故人のアカデミー賞受賞は、ピーター・フィンチ以来32年ぶり2例目となります。

アカデミー授賞式には亡き本人に代わり、両親と姉が出席。父親のキム・レジャーは、「息子の演技を評価していただき、ありがとうございます」と礼を述べた。

また、関係者にも感謝の意を伝え、「息子は映画の世界を愛していました」とメッセージを送った。

また、同助演男優賞の中では史上4番目(28歳と324日)の若さでの受賞となりました。

死亡時、テリー・ギリアム監督作『Dr.パルナサスの鏡』の撮影途中であったため、ジョーカーを演じた『ダークナイト』が遺作になるものとみられていましたが、親友のジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウが代役の出演を快諾して製作の続行が可能になり、無事に完成し公開されました。

なお、本作でのヒースの演技はカット・加工されることなく予定通り使用されました。

 

 

第6回ヴェネチア国際映画祭にて。左からリチャード・ギアー、トッド・ヘインズ、シャーロット・ゲンズブール、ヒース・レージャー。

 

突然の死

 

2008年1月22日、ヒースは映画『ダークナイト』の完成を待たずに、マンハッタンの自宅アパートで全裸状態で遺体が発見されました。

28歳没。

前年11月頃から不眠症となり、「とても疲れているのに二時間程しか眠れない」と映画『ダークナイト』出演に際してのインタビューでは睡眠薬服用を公言していました。

また、インタビュー時期は自身の婚約解消と別居が重なる時期でもありました。

当時はインフルエンザにもかかっており、薬の併用摂取(特定の薬物を過剰摂取したわけではない)による急性薬物中毒による事故死。

 

住んでいたアパートに置かれた献花。

 

 

【バットマン】ジョーカーの残虐な行動ランキング Top10

 

 

 

The Dark Knight (2008) Official Trailer #1 – Christopher Nolan Movie HD

 

YouTubeからご覧頂きますと、続きが観られます。

もっと多くの作品が観たかったです。

とても残念です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。