コンテンツへ移動

ハドソン川の奇跡 トム・ハンクス

 

 

この映画は実際に起きた事故を元に描かれています。

2009年、奇跡的な生還劇として知られるUSエアウェイズ1549便不時着水事故。

その後の知られざる真実を映画化。

USエアウェイズ1549便機長役に、トム・ハンクス。

毎日夢で飛行機が墜落するリアルな夢をみる。

ビルにぶつかり機体は大破。

そこで目が覚めます。

事故後の一種のPTSD(外傷性ストレス障害)ではないかと思う。

私も交通事故に遭遇し一時PTSDになった経験から多分そうだと思います。

実際は、ハドソン川に不時着し全員助かるという内容ですが、事故後何度も同じ夢を見る機長。

毎日その夢を見ては目が覚めるって怖いですよね。

それだけ大変な状況だったのは映画の中でも明らかになります。

ハドソン川の奇跡』は、2016年製作のアメリカ合衆国の映画です。

クリント・イーストウッド監督・製作。

トム・ハンクス主演。

 

 

原題のサリーとは、USエアウェイズ1549便の機長チェスリー・サレンバーガーのニックネームです。

2009年1月15日、ラガーディア空港発シャーロット空港行きのUSエアウェイズ1549便はラガーディア空港を離陸。

巡航高度に向かう途中に鳥の群れに遭遇し、鳥がエンジンに吸い込まれ機能不全を起こすバードストライクが両エンジンに発生してしまいます。

1549便の機長サリーことチェスリー・サレンバーガーと副操縦士のジェフ・スカイルズは推力を失った機体を出発地ラガーディアに引き返えそうと試みます。

あらゆる手段を試しますが、機体は降下するばかりで飛行場に戻ることも出来ない。

機長は、緊急事態にあらゆる事を考えた上で、ハドソン川に着水することを選びました。

高度が低すぎたため絶望的であり他の空港にも着陸は不可能と考えた機長。

機体はサリーの巧みな操縦によりバラバラになることもなく、またクルーの迅速な避難誘導や救助が早く助かります。

大型旅客機の不時着水という大事故ながら1人の死傷者も出しませんでした。

生存者の詳細を知らされるまで落ち着かない機長は機内に残り機内から出ることが出来ないのです。

全員が無事助かった事を知ると安堵する機長。

 

 

このニュースは全米はおろか世界中で「ハドソン川の奇跡」と銘打たれ、サリーは一躍ヒーローとなります。

 

 

チームを率いるリーダーだった場合、前例のないトラブルに見舞われたとき、成功する自信が持てるだろうか?

私の答えは「No」です。

多分混乱してパニックになっていたと思うのです。

水上での緊急胴体着水の成功率は限りなくゼロに近く、ほとんどの場合機体が大きく破損して助かる見込みはないそうです。

これほどまで大規模で、前例のない事故であるにもかかわらず、サリー機長は「全員の命を救う自信があった」と話しているとの事です。

自信があったのではなく、全員助けたいと言う気持ちが強い人だったのではと思います。

サリー機長は「常に、緊急事態に置かれた自分を想像していた」と語っています。

日々イメージトレーニングを重ねていた言っています。

また、日頃から過去の航空機事故の事例を徹底的に分析、独自に研究していたとも話しています。

パイロットとしての42年間の経験と、彼の勤勉さがもたらした、「成功への自信」こそが、全乗員乗客を救うことになったと言われています。

 

 

リーダーの確固たる自信が、メンバーの安心感と、チームの成功率を高めることにつながるのではないだろうかと思います。

クリント・イーストウッドとトム・ハンクス。

2度のアカデミー賞に輝く名監督と名優がタッグを組み、乗員乗客155人全員が奇跡の生還を果たした航空機事故を映画化しました。

決死の判断と覚悟で見事なハドソン川着水を果たしながらも、浮かび上がる数々の疑惑。

英雄としての評価から一転、機長は行動の責任を厳しく追及されることになります。

機長の究極の決断は本当に正しかったのか?

今だからこそ、世界に贈るヒューマンドラマ大作「ハドソン川の奇跡」に迫るという映画になっています。

一言で言えば、一度は観て欲しい映画の一つです。

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。