コンテンツへ移動

コロナウイルスの影響で家庭菜園のブーム

 

唐辛子は苗から

中国メディア・東方網は22日、日本で新型コロナウイルスの感染拡大によって自宅にいる時間が長くなる中で、家庭菜園を作って親子で作物を育てる家庭が増えているとの事です。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が続いた日本で、特に子育て世代を中心として「家庭菜園」が人気になっています。

子どもたちが親と一緒にナスやキュウリ、トマトなど夏野菜の苗を購入し育てるケースが増えているとの事です。

 

ナスも苗

自然に触れ、農耕栽培を実践するというのは土地資源に限りある日本にとっては、とても深い意味を持っていて、古くより日本人が続けてきた農耕に対する崇拝が、現代の都市化された場所や雰囲気の中でも脈々と受け継がれていると書かれてありました。

そして、神道が信奉されている日本では太古の昔より神様が人びとの農業を守っているとの考えが存在し、収穫の際には恭しく神に感謝を捧げる儀式が行われてきました。

家庭菜園という小さな空間であっても、日本人が農耕を大切にしてきた足跡をうかがい知ることができます。

 

ピーマンも苗

また、現代においては作物の栽培が日本の特色ある教育の1つである「食育」の要素も持っているとの事。

種まきから発芽、生長、結実までの一連の過程を体験することで、生命の尊さを一層感じることができると思われます。

育てる手間や苦労を知ること、作物に対する愛着を感じさせることにより、子どもたちに食べ物を粗末にしたり、偏食したりしない心がけを持たせることができると指摘されています。

 

万能ネギは種から

中国の都市部にある一部の幼稚園や小学校でも、日本の「食育」を取り入れる試みが始まっていて、子どもたちが自分で作物を育てているとの事です。

これは単なる労働の授業ではなく、より自然に親しむとともに、良い習慣や正しい価値観を形成する過程にもなります。

 

きゅうりも苗

 

トマトも苗

 

パセリも苗

 

 

種から育てたローズマリ

今年は久しぶりにに野菜を育てて居ます。

私の住んでいる地域では野良ちゃんの猫ちゃんが多く、何度も尿や糞などの被害に遭っています。

土を耕すと土が柔らくなる為丁度良いんでしょうね。

生前母曰く、『猫の糞尿があると育たない』と言って居ました。

猫ちゃんを追い払うことも出来ないので。

なので直植えが出来ません。

プランタンで育てて居ます。

昨年は2ℓのペットボトルを丁度良い感じに切断し、その中にバジルの種から育てて、窓と言う窓で育てて居ました。

収穫はとても多くペースト状にして何時でも使えるよう冷凍保存していました。

所がです、懸命に育てたバジルが。

昨年の台風の影響で、10日間電気が使え無くなり冷凍保存していたバジルは壊滅状態。

とてもショックを受けた息子は今年は断念。

とても美味しかったのですが、その経験から又同じことが起きるかもしれないと思うと育てることが出来なくなります。

バジルを室内で育てるという意味は。

バジルはとても柔らかい葉です。

外で育てると瞬く間に虫に食べられてしまうのです。

昨年は部屋中バジルの香りがしていましたね。

私はと言うと、一切関知せず。

ふすまを開けてはオオ!育っている!と見ているだけの人です。笑

11件のコメント »

  1. 成る程。笑
    確かに手塩にかけている様子ですからね。
    葉の艶を見れば分かります。

    あと、良いカメラをお持ちの様で。
    私も欲しくなりました。笑

      • そうなんですか?
        やはり、専用品ですね。
        いや、やはりスマホはスマホですね。
        カメラも良くなりましたが、やはりルミコさんの画像とは根本的に違う気がします。
        次のボーナスに初のカメラを購入しようと狙ってます^ ^

  2. やはり専門品は違いますね。
    やはりスマホはスマホですね。
    ルミコさんのカメラとは根本が違う気がします。
    ガラケー良いと思います。
    最近スマホに縛られている気がします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。