コンテンツへ移動

2007年のヒットマンはアイドスゲームが原作の映画

世界中で人気を博してきた、同名テレビゲームシリーズを原作としたクライム・サスペンス・アクション映画です。

アメリカ合衆国・フランス合作のクライム・サスペンス・アクション映画です。

ヒットマンストーリ  その1

国外追放された僧侶鵜たちによって結成された、一般人に存在を知られていない闇の組織は、極秘裏に各国政府と繋がり、プロの暗殺者を養成しては各国に供給してきました。

その中のひとり、スキンヘッドにバーコード状のタトゥーがトレードマークの、コードネームエージェント47(ティモシー・オリファント)はひと際優秀であり、華麗で確かなテクニックで一匹狼の殺し屋として世界各国で殺しを手掛けてきました。

この日もニジェール共和国の貧民街でいつものようにターゲットを仕留めた47は、次の仕事のためロシア・サンクトペテルブルクへと向かいました。

一方、インターポールの捜査官、マイケル・ウィッティア警部(ダグレイ・スコット)は47を逮捕するため3年もの間その跡を追い続けてきました。

サンクトペテルブルク入りした47が依頼されたのは、旧ソ連のような社会主義への回帰を目論むロシア大統領ミハイル・ベリコフ(ウルリク・トムセン)の暗殺でした。

ヒットマンストーリ その2

エージェント47はニカを連れてサンクトペテルブルク駅からの脱出を試みましたが、その行く手ををインタポールやFSB、更には同じ組織のスキンヘッドの殺し屋たちが立ちはだかりました。

なぜ仲間に襲われるのか分からないまま47は闘いを繰り広げ、正々堂々と闘って死のうと銃を捨てて刀で闘い、ニカと共に逃亡を続けるうちに、次第に心を通わせ合っていきました。

ニカはベリコフに300ドルで買われ、まるで奴隷のような虐めを受けており、死すら覚悟していたほどでした。

やがて47は知り合いのCIAエージェント・スミス(ジェームズ・フォークナー)から組織に見捨てられていたことを知らされ、いつしかニカを守ろうと決意していました。

その頃、ウィッティアはユーリーの襟足に仕掛けた盗聴器から、ユーリーはベリコフと繋がっていることを嗅ぎつけていました。

47とニカを殺害しないと作戦は成功しないと言われていました。

ヒットマンストーリー その3

ウードレの抹殺を目論むCIAと利害が一致した47はドイツ武器商人に成りすまし、ウードレ滞在しているインスタブルーに乗り込み、ウードレを組織共々抹殺しました。

47はベリコフが生きている限りニカは狙われ続けるだろうと悟り、彼女に必ず見つけ出すからと別れを告げて逃がしました。

ウードレの葬儀の日、ロシアに舞い戻った47はユーリーを捕え、発電機が作動すれば高圧の電流が流れる湯船に拘束した状態で入れ、その手に無線機を持たせてスイッチが入ったら30秒以内にベリコフを撃てと命じるよう脅迫。

葬儀の場でベリコフ(影武者)が弔辞を読み始め、ユーリーは『標的変更!替え玉だ、ベリコフを撃て』と叫びます。

影武者のベリコフは防弾ガラスで守られており、本物のベリコフは特殊部隊に紛れ込んでいた47により殺害されました。

エージェント47はその後、居場所を突き止めたウィッティアに逮捕されましたが、スミスの手助けにより何とか脱出しました。

3か月後、ロンドンの乗り込んだ47はウィッティアの自宅に『アンタが追っていた男だ』と自分の替え玉を出頭させました。

子供さんには、過激すぎて観ることは避けた方が良いかもしれません。

他の動画視聴サービスにて、一ヶ月間の無料お試し期間中に退会しましたが、カードで今月公式サイトで提示されている金額の2倍近く引き落とされようになっていて驚きました。

アマゾンは有料の場合、その時、その時点での支払いとなるので、安心して観ることが出来ます。

無料で観られる映画も多いですし。。。

一度試しに観ただけで、3.000円も支払うというのはちょっと痛いです。笑

今後は気をつけて、登録時には十分な注意が必要だと思いました。

3件のコメント »

  1. 昔は月一回ははるばる映画館に足を運んだものですが、最近は目の前に映画館があるというのにほとんど出かけることがありません。
    勿体無い話ですが、昔に比べて見たいと思う映画が少なくなりました。
    それでも時折興味を引く作品はあるもので、その時には今でもワクワクしながらチケットを購入します。
    気に入った映画は何度か同じものを映画館で視聴することもあり、昔「レオン」という作品には5回ほど足を運んだ記憶があります。
    コロナの影響で映画館に足を運ぶことも憚られますが、封切りもネット配信で自宅で視聴なんて日もくるのかも。
    これからも楽しい作品が増えてくると嬉しいですね。

Rumikoの日記 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。