コンテンツへ移動

  ワンダーウーマンで思い出したアバター   

ストーリ3 人類のパンドラ侵略 そしてジェイクの決断

アバター あらすじ出典:『アバター』公式Fecebook

RDA社はついにしびれを切らし、ナヴィと平和的交渉を諦め、武力による強硬手段を決めた。

森林を重機で掘り起こし、ネイティリたちの村を爆撃して辺りを火の海に包む。

この事態にジェイクとグレイスは、作戦責任者クオリッチ」に猛攻撃した。

グレイスは『ナヴィの神とも言えるエイワの木はパンドラに棲む全ての生命と意思疎通ができる一つのネットワーク、いわばパンドラの意思そのもの。それを破壊してはならない!』と訴えるが、彼らは理解せず嘲笑った。

結局村を破壊されてしまい、村人たちは失意のどん底にいた。

ナヴィの生き方に心を打たれ、彼らを守りたいと思うジエィクはRDA社を裏切って戦うことを決意する。

そこでジェクはネイティリたちに、自分の正体は地球人で鉱石発掘のために送り込まれたスパイだと打ち明ける。

それを聞いた彼女たちはジェイクを拒絶し、彼の元から去っていく。

さらにクオリッチがジェイク、グレイスたちに反逆者を監禁してしまった。

そんなクオリッチのやり方に反発を覚えた一部のRDA社の社員はジェイクたちに協力し、一緒に脱出を試みる。

しかしクオリッチに気づかれてしまい、銃撃を浴びせられた。

グレイスは銃弾を受けて重傷を負い、やがて息を引きとった。

ジェイクはもう一度ネイティリたちの仲間になるためにイクランがいる谷に行き、巨大龍トゥルークに飛び乗って心を通わせることに成功する。

エイワの木に集まっていたネイティリたちの前に現れたジェイクはナヴィの指導者トゥルーク・マクトとなって、パンドラに住む全部族が集まるよう呼びかけた。

パンドラの各地からエイワの木に集まるナヴィの部族。

その動きを察知したクオリッチは攻撃部隊を結成し、襲撃準備を整えていた。

ジェイクもっと仲間が必要だと感じ、一か八かエイワの木に助けを求めたが反応はなかった。

ストーリ4 パンドラの平和を勝ち取る戦い 終結へ

出典:『アバター』公式Fecebook

クオリッチ率いるRDA社の部隊がついに攻撃を開始。

空には爆弾を積んだ戦闘機やヘリ、陸には傭兵、巨大パワードスーツや戦車の軍勢が侵攻していき、ジェイクは追いつめられてしまう。

すると空にイクランの群れ、陸には巨大生物の群れが現れ、PDA社の軍勢に突撃した。

ジェイクの祈りにエイワの木が応え生物’たちを集めたのだ。

形成は逆転し、RDA社の軍勢を次々に倒していく。

ついにクオリッチの戦闘機を撃墜し、彼を引きずり出す事に成功する。

だが最後の手段としてクオリッチはパワードスーツに乗り、ネイティリたちを攻撃。

そしてジェイクの体が眠るアバター接続のコンテナに向かい破壊しようとした。

そこにジェイクが現れ、クオリッチとの対決に挑む。

ジェイクの猛攻撃の隙をつき、クオリッチはジェイクの体が眠るカプセルを攻撃した。

カプセルから放り出されたためにアバターの接続が切れ、人間のジェイクは酸素不足で命の危機に陥る。

動けなくなったジェイクのアバターにとどめを刺そうとした瞬間、ネイティリが矢を放ち、クオリッチの胸を突き刺した。

クオリッチは絶命し、ネイティリは人間体のジェイクに駆け寄り、酸素マスクをつけさせて救命する。

クオリッチが死亡したことでRDAはパンドラからの撤退を決意。

星に残る決意をしたジェイクの協力者を除き、社員たちは地球へと帰還した。

そしてジェイクはこれで最後と決めたビデオ記録を終え居留地を後にした。

エイワの木に村民たちが集まり、儀式を行っていた。

木の下にはジェイクと彼のアバターが横たわっており、エイワの力で彼の魂がアバターの体に移ろうとしていた。

仲間たちの祝福を受け、アバターのジェイクは力強く目を覚ましたのであった。

ページ: 1 2 3 4

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。